« 地震雲激写?! | Main | 祝!レンタル競争に勝つ »

November 15, 2004

ごめんね、おじいちゃん、おばあちゃん

今回行ったのは母方の祖父母の法事だった。
祖母は無くなって二年、数えで三回忌。
ぽっくりと逝ってしまった祖父と違い、祖母の時は本当に悲しく切なかった。
(無論、祖父の時も悲しかったけれど突然過ぎて実感がなかなか沸かなかった。)
だからもう三回忌をやるなんて・・・という感じ。

今回はごく限られた身内を祖母宅(今は祖父宅)に集め
おっしゃん(お坊さん)にお経をあげてもらった。
仏前におっしゃんが座り、その後に5人ずつ2列に正座。
母は前の列の端に、その後に父、隣に私。
お経が始まるや否や舟を漕ぐ父。
・・・まあ朝早かったし仕方ないか。
と一方で目にハンカチをやる母。
つられて胸が熱くなるものの、隣はコクコク。
・・・なんか我が親ながら変な夫婦だなぁ。
と、おっしゃんが木魚をたたき出す。
すると家の父の手も一緒にポクポク上下する!
何故!?可笑しいが笑ってる場合じゃない。
結構寝ぼける人なので、お経まであげ始めないうちに肘でつついて起こす。
その後もイビキをかきそうになるのを阻止したりと
とてもじゃないが供養に集中できず。
結局私が感傷にふけったのは昔、祖父母と行った温泉に入った時だった。
ごめんね、おじいちゃん、おばあちゃん。

知人に話したら「きっとおばあちゃん達も笑ってくれたんじゃない?」と
言ってくれたので、だといいなぁ。

|

« 地震雲激写?! | Main | 祝!レンタル競争に勝つ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63660/1967730

Listed below are links to weblogs that reference ごめんね、おじいちゃん、おばあちゃん:

« 地震雲激写?! | Main | 祝!レンタル競争に勝つ »