« March 2006 | Main | May 2006 »

April 25, 2006

V for vendetta

正直期待外れ。悲しい。
個人的な恨みが革命の原動力にはなり得るのだろうけど
革命はそれだけでなし得ないはず。
私たち日本人には革命家と言われる人がいない。
(強いて挙げれば坂本龍馬?)
革命家が革命を起し体制が一新されたことはない。
だからこんなにピンと来ない?
いや先に言ったように復讐と革命が同じになってるせいだと思う。
Vの復讐の動機も軽くSF入っているせいで余計チグハグ。
色々語りたいことがあって盛込んだら消化不良になったのかな。
個性・個人の尊重にホモセクシャルがやたら用いられるのも
どうなんだろう?
アメリカでも彼らの結婚は法的に認められてないから、
規制への反発・批判なんだろうか。
ファシストの台頭とか一切政治色抜いて復讐劇に徹した方が
エンターテイメントとして楽しめた気がする。
タイトルもvendettaで復讐なんだし。

字幕が意識して意訳してあるのだろうけど
時々なぜ?ってなものもあり、気になった。
音声よりかなり早く表示しちゃったり。
映画の世界に入り込んでれば誤訳でもないかぎり気にならないはず。
言い換えれば、そんなあら探しまでできちゃうくらい・・・。

楽しみにしていただけにショックも大きい・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 09, 2006

EIGHT BELOW 南極物語

無類の犬好きで無茶な話でも犬さえ観れればいい!という人にはオススメ。
いやぁ噂には聞いてたけど・・・。
南極物語のハリウッドリメイク版という宣伝が失敗してるんだな。
冒頭・最後に断っているように真実の話に触発されて作ったフィクションなのです。
つまりEIGHT BELOWという作品として観ましょう。
とはいえ舞台は南極なんだから、環境の厳しさ、季節感、生態系は
きちんと描いて欲しかった。
てんで季節が移り変わっていない・・・。ペンギンいない・・・。
あのぬるい環境だったら、あれだけ生き残るのかもしれない(苦笑)
南極物語では15匹の樺太犬、EIGHT BELOWではその名の通り8匹の
シベリアンハスキー。
犬はメチャメチャ名演です!素晴らしい!
パンフレットで知りましたがみんな本当の名前は違うのにきちんと作品上の
自分の名前を覚え、演技しているのですよ。
置去りにされた犬達だけのシーンは一切名前が出てこないので
冒頭でしっかり覚えましょう。ジャックとマックスを混同していて反省。
ツッコミどころはありすぎますが、犬の名演技に免じて述べますまい(苦笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »