February 03, 2005

ビジネスで使えればねぇ

友人を見習って連日更新(笑)
と言っても書くことが・・・また英会話の話でもしますか。

先日なぜかレベルアップの推薦を受け今度は受かってしまいました。
日常会話は全く支障なくビジネスでもある程度はOK・・・
ってウソ!!
いや、少なくとも私はそんなレベルじゃない・・・。
今回はテレビ電話ではなく講師と直で判定テストに臨みました。
内容としては2つ
1.今すぐ帰りたいのに飛行機は満席で次のフライトは翌日になってしまう。
  なんとかチケットを持ってる人に譲ってもらうよう交渉。
2.外国人の友達に電話でコーヒーメーカーの使い方を説明。
前者はともかく後者なんてコーヒーメーカーの使い方が分からなければアウトじゃない。
会社入った時に初めてコーヒーメーカーなるものに遭遇し使い方を教わったっけ。
あれを英語で、しかも電話でっていう設定だからどの道具とか説明しなきゃだし
絶対落ちたろうと思ったんだけどなぁ・・・。
あれでコーヒー入れられるかなぁ(汗)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 03, 2004

自分のことは自分がよく知っているようで知らない?

とりあえず受けてみるかーということで予約していたレッスンを
キャンセルすることに。
「じゃあレベルアップテストのご予約致しますね!」
とスタッフ。
あれ?テストに予約って必要だったかな・・・。
で、予約した時間に出向くとレベルアップテストはテレ電を使うとの事。
え!?前は推薦状もらったら筆記テストだったよ??
というと「変わったんですよー。」だって。
そういうことは教えておいてくれ・・・。
すっかり諦めの境地でカメラの前に座る。
操作を色々説明してくれて、画面に私の顔を表示してくれる。
「サイズや表示する位置も変えられますし、消すこともできますよ。」
「消してください。」
相手にどんな風に自分が写っているかなんて知りたくないぃ。
多分、二度と同じteacherに当たらないもん。恥はかき捨て。
頑張ってくださいね、と優しい言葉と微笑を残して
スタッフが去っていくと、すぐに時間に。
と画面に柔らかい印象の女性が現れた。
"Hello,how are you?"
"Yeah I'm good and you?"
うわ・・・マイク越しの自分の声も聞こえるのか。途端に緊張。
テスト官は印象と同じく柔らかい声。いいなぁ。
テスト自体は30分くらいで終了。
しどろもどろだったし、たこ焼きの話しちゃったし
(テスト官の嫌いな物だった)今までと同じレベルに判定されれば
儲けもんかな、なんて思いながら結果待ち。
待たされること20分強でスタッフが結果の書かれたシートを
持ってやってきた。
結果は今までと同じレベル。おー良かった良かった。
と5つ(だったはず)ある評価項目で1つだけ上のレベルの判定が。
fluency?!嘘ぉ・・・あんなにつまづいてたのに?
発音の次にネックなんだけど・・・
通りかかったteacherに意見を聞くスタッフ。
「自然な英語が話せてるって言ってましたよ。」
えー?そうかい?
問題とされたのはシチュエーションに合った話し方や語彙力
うーん、なるほど例えば仕事の面接では
"Why do you want to get this job?" よりは
"Could you tell me why you apply to this job?"
とか尋ねるのが普通か。
「使っている単語数が分かっている単語数より少ないんですね。」
あー痛い・・・そうですねぇ。
頑張って使える語彙力を増やそう。

| | Comments (36) | TrackBack (0)

November 30, 2004

レベルアップ?

先日自分のスピーキングレベルの衰えを痛感したばかりなのに、何故か
通っている英会話学校で上のレベルへの推薦状をもらった。
思わず "Are you sure?" と聞いたら
"Yeah. If you don't want to, you can stay same level
but I think it become easy for you."
というようなお答え。うーん・・・とりあえず "OK. I'll think about it."
本当は推薦状をもらったらカウンターで日本人スタッフに見せるのだけど持ち帰る。
どうしよう・・・
先日電話したばかりの番号にまたかけてみる。
ちょうどバイトを終えた後で数コールで出てくれた。
さすがに昨日の今日でかかってくると思ってなかっただろうから多少驚いたのは仕方ない。
"I would like to get your opinion.
What do you think if my level is enough to level up?"
案の定 "What? What do you ask for?" というので事情を説明する。
まあ結論は予想通り "Two teachers gave you the recommendation so don't be silly."
と一笑にふされちゃったんだけど、なんとなく上を目指しつづけないともっと
話せなくなってしまうかも・・・と思う。
決めたらメールででも知らせるね、と言って電話を切ろうとすると
"See you"
"See you, bye."
今回はちゃんと応えられました。在家尼の小さいけれど偉大な一歩です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)